風俗店のことについてもっと知ってみよう!

性病検査実施店について

風俗店のなかには、性病検査を定期的に実施していることを売りにしている店もあります。そうした体制がしっかりしていることはコンパニオン、客、お店それぞれにとって有益であり、適切なリスク管理といえるでしょう。

そういった検査を行う店であっても、検査の頻度などは店により異なります。数ヶ月に一度くらいのところもあれば、半年に一度ほどのところもあります。できたら、きめ細かく頻繁に検査を行ってほしいものですよね。

性病検査を行っている店のなかには、GME医学検査研究所という会社が発行している「性風俗健全化認証店マーク」を得ているところもあります。これは、定期的な性病検査を行っている店が取得できるもので、検査の頻度によりゴールドやシルバーなどの種類があります。

検査の内容は?

風俗店で行われる性病検査の方法は、店によっても異なりますが、多くは郵送キットを利用する場合が多いかと思われます。これは、検査の対象となる検体を採取して検査機関に送り、結果を通知してもらうというものです。性感染症に感染しているかどうかが手軽にわかるため、非常によく使われる方法です。

検査キットでは、だいたい主な性病である梅毒、淋病、クラミジアなどを検査項目としています。検査項目数にもさまざまな種類があるので、どの性感染症が対象であるかはきちんと確認する必要があります。

風俗店によっては、医師が直接来て検査をする店もあるとは聞きますが、多くの場合は郵送検査が主流であるかと思われます。医師の指示がないので、説明書をきちんと読んで検査概要を正しく把握するという点には注意が必要です。


この記事をシェアする